初心者筋トレの注意点

初心者が陥りがちな筋トレのミス

初心者,筋トレ

 

筋トレで痩せよう・筋肉をつけようと思っている方はそれなりにいらっしゃると思います。
しかし筋トレも間違った方法で行うと良くない効果が身体に現れてしまいます。
ここで初心者が陥りがちな筋トレのミスを2つご紹介したいと思います。

 

1.間違ったフォームで行ってしまう。
間違ったフォームで行い続けると、筋肉がつきづらいどころか、筋肉を痛めてしまうこともあります。
筋肉痛になることによって筋肉が増えるから良いじゃないかと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、筋肉の痛みがいわゆる筋肉痛だけとは限らないのです。
ずっと痛くて変な感じがすると思ったら、それはただの筋肉痛じゃないかもしれないので、一度筋トレを休んで様子を見るようにしてください。
また、このようなことが起きないためにも、動画や写真を見てフォームの確認をしたり、同じ筋トレも別のものでどのようにやるか確認してやると良いと思います。

 

2.鍛えたい程度に合ってない頻度・方法でやってしまう。
同じ陸上選手でも、長距離走の選手と短距離走の選手では全然足の太さが違うことは、見れば簡単に誰にでもわかると思います。
筋トレの頻度・方法によって、どのように筋肉がつくかは変わってきます。
また、部位によっても丁度良い頻度というのは変わってきます。
ですので自分の身体をどうしたいのか、しっかりと頭の中で思い描いてから、そのために必要な方法と頻度を調べる必要があります。
もしジムに通っている方なら、そのジムのインストラクターの人に相談してみたり、まだ学校に通っている人なら体育の先生に相談してみたり、憧れの俳優・アイドルがいるのならその人の行っていることを参考にしてみたりするのが良いでしょう。

 

どうでしょうか。この他にも筋トレを行う際に気を付けなければならないことはありますが、代表的だと思うミス2つをあげてみました。
自分に合った方法で必要な分の筋トレを行うことがベストな方法です。

ダンベル筋トレの初心者である私の体験談

初心者,筋トレ

 

ダンベルダイエットが昔流行っていたとき、ホームセンターで一番軽い1キロのピンク色のダンベルを買って、悦に入っていた私。その前にダンベルダイエットの大御所が出していた「ダンベルダイエット本」ももちろん早々とゲットしていました。

 

「DVDも付いている!ヨッシャーこれで私も筋肉つけて、タルタルお腹にさようなら?!」。翌日から、DVDを見ながらせっせと筋トレに励む私。
「いいぞ?楽チンだし、いつでも空いた時間に出来るし、旅行先にも持っていけるし」。

 

体重は特に変化はなく、何となく代謝が良くなったのか、あせが出やすくなった様な気がする。私は夏でも余程灼熱でないと、汗をかかない体質なのですが、冬でも冷たい飲み物を好んで飲むので、水を飲んでも水太りして、足もむくみが酷かったのですが、何となくスッキリしてきたかな?と思いました。

 

しかし、自分一人で行う自主トレなので、毎日続けるのがとても難しく、今日は疲れたから、明日に今日の分をやろう!1日やらなくても大丈夫だよ。そんなこんなでダンベル購入から、約1カ月後にはオブジェと化したダンベルが、部屋の片隅に、、。

 

継続は力なり!とはならず、それから色々ダイエットと言っては、色んな事にチャレンジしては破れの繰り返しです。

アブクラックスインナーの通販購入はこちら!トップページへ女性で楽にシェイプアップしたい方、激しい運動をしないでもお腹にくびれを作りたい方はトップページでアブクラックスインナーの詳細を確認してみてください。